パーソナルジム「ビセット」の食事制限指導と報告について

ビセットのパーソナル食事指導

 

ビセット,食事,パーソナルジム,食事報告,食事制限

 

ビセットではトレーニングと併せて、食事指導内容もパーソナルに設定されます。

 

体験トレーニング後、ビセットの食事指導の特徴を伺いました。

 

 

3食きっちり食べるバランス的な食事に改善

 

食事の方向性は基本的に糖質を抑え、健康的に痩せるために「摂るべき食材・摂り方」が指導されます。

 

また、「この食材は朝昼晩のうちどこで摂るとベストか?」などのお話もありました。

 

カウンセリングでは普段どのような食生活をしているかのヒアリングがあり、ダイエットのために改善すべき点などを教えて貰えます。

 

 

食事カウンセリングで、このような食事リストを貰いました。

 

【Be-set食事リスト】
ビセット,食事,パーソナルジム,食事報告,食事制限

 

食事リストに書かれた食材は一例で、もちろんここに書いてあるものしか食べられない訳ではありません。

 

どの栄養素を、おおよそどれくらい食べれば良いかの目安などが分かりやすく書いてあります。

 

ビセットでは三大栄養素の「タンパク質」「糖質」「脂質」のバランス良い摂り方をベースに、そこから更に目的別に指導メニューをカスタマイズするそうです。

 

 

ビセットの食事報告方法

 

ビセット,食事,パーソナルジム,食事報告,食事制限

 

ビセットの食事報告はメールを利用。

 

メールのタイミングは毎食でも一日一回でもOKで、メール内容も「写メ」「文字」どちらでも好きな方で良いそうです。

 

個人的な意見ですが、外食などは一緒に行く相手やお店によってカメラを『パシャ』が難しい時もあるので、文字でもOKや一日まとめて報告OKは助かります。

 

ただ、食事内容は文字で書くよりも写メで送った方が楽だし伝わりやすいです。

 

(何を食べたかは簡単に書けても、どれくらい食べたかを表現するのは面倒。。。)

 

なので、朝「写メ」昼「文字」夜「写メ」と使い分けられるのは続けやすくて便利なサービスだと思います。

 

 

また、食事管理では『食べた物』の報告だけでなく、例えば『今夜飲み会があるけど、どうしたらいい?』といった相談にも乗ってくれるそうです。

 

事前にどのようなお店に行くか(居酒屋・中華・イタリアンなど)を聞き、「そのお店なら始めはこの料理から食べ、この料理は避けて下さい。」といったアドバイスが届きます。

 

飲み会直前になってからネットの知識(太り難い料理は?)とかで何とかするよりも、担当トレーナーの指示に従う方が圧倒的に確実。

 

食べる順番や食べる量、避けるべき料理が事前に分かれば、ダイエット中に飲み会が続いてもイライラせず心から楽しめると思います。

 

 

 

 

次は・・>>ジム内を見学しました

 

 

 


トップページ ビセットの特徴 料金プラン